今日も青空

♪今日も青空♪にようこそ! 我が家のコザクラ&ボタンインコのことや大好きなミュージカルのことなどをのんびりと(^^♪

プロフィール

キイロ

Author:キイロ
東京都在住

ミュージカルが好きで、特に劇団四季の『オペラ座の怪人』と『キャッツ』は数多く観ています。
村 俊英さん、范虎さん、北澤裕輔さんを応援しています。

6羽のコザクラインコと2羽のボタンインコと暮らしています。
うるさいけれど、このうるささがたまらなく好きです。




他の方がお読みになった時にイヤな気分になるようなコメントは消さしていただきますのでご了承ください





メールは♪こちら♪へ。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

8/31 「オペラ座の怪人」観劇

あ~、ほんとすごかった!!
久しぶりに息がつまって苦しかったです
素晴らしいの一言

佐野さんがグイグイみんなを引っ張って行くのが分かるんです
あんなに楽しそうな涼太さんも、心がこもった高木さんも久しぶり
(いつも涼太さんは覇気が感じられなかったし、高木さんは早く終わってジムに行きたそうだったしね)


この前佐野ファントムを拝見したは3/9で、その時は駄々っ子のわがまま甘ったれファントムでしたが、昨日はクリスと同等な感じでした
同等なのに自分ではちょっと上だと思っているの
1幕の地下室では対決しないので良い気分で歌いあげてくれて、聞いてる客はもうクリスの気持ちですよ
舞台を見てるのではなくて自分に向かって歌われてる気持ちになれました
マスクを取り上げられて怒る時も歌じゃなくて台詞で怒ってるから感情が伝わってくるし、もちろんそれが高木クリスにも伝わるのだから顔を見て驚く場面も先週と全然違ってた

高木さんも本気だったので久しぶりに見るトランス状態
目には涙がたまってキラキラしていて、演技なのか本当なのか分からなかった
2007年以降、あんなすごい高木さんを見ていなかったのでもう出来なくなってしまったのかと思っていたんです
もうあの時の気持ちになれないのか?と思っていましたがそうじゃなかったんだ!
またあのクリスを見せてくれて本当に嬉しかった、本当にありがとう


2幕の地下室は佐野ファントムはクリスと自分は同等だと思ってるから感情がバンバン飛び出ちゃうんです
でもね、見てる方としては高木クリスの方が大人だった
高木さんは冷静だし
佐野ファントムはクリスには本当に結婚したかったんだと思う、それが当たり前だと思っていたんですよ
クリスには何でも言えるのに、ラウルにはすごーい上から目線で男としてのプライドがバリバリあって、ラウルが地下室に来てからの佐野ファントムはその使い分けがすごかったです
ラウルを見る目とクリスを見る目が全然違う
ラウルとクリスは近くにいるのにその二人を見る目を使い分ける佐野さんってすごい

そんな佐野さんに引っ張られた高木クリス
ドンファン稽古の場面での辛そうな顔とか良かったし、「墓場にて」の歌い始めの前に感情が入ってウウッて泣きそうだった
先週とはまったくの別人だった


別人だったのは涼太さんも
最近「涼太さんどうされたのかしら?」と思うような歌だったり、笑顔もなくて舞台にたってることが全然楽しそうじゃなかったから交代した方が良いのではないかしら。。。と思っていたんです
でも金曜日はものすご~く前向きだった
笑顔が全然違っていて、特にマスカレードでは全然クリスから目を離さなくて、そんなラウルを見るクリスもちょっと照れて笑ったりしてすごく幸せな感じが伝わってきました

3月に感じたファントムとクリスの距離よりも、金曜日の距離の方が近かったと思いました
指輪を返しに来た時、クリスは「指輪を返しに来た」というよりも「指輪を返しに行くという理由をつけて最後に二人の時間を持ちたかった」んだと思いました
二人が向かい合った距離もすごく近くて、その近さが自然なんですよ
あのままクリスはファントムの胸に抱きしめられても全然不自然じゃない
最後に二人の時間を持てたことで、帰って行く船を見送ってもヤキモチで心が騒ぐこともなくクリスの愛で胸がいっぱいだったと思いました
きっと金曜日のファントムはこれからもずっと最後の時間を大切にクリスを思っていくんだろうな。。。

佐野さんの演技は本当にすごいと思う
初めてのお客さんにも分かりやすいから近くに座っていた女性たちも大喜びでしたもの
初見であの佐野さんを見られたら幸せだと思いました


久しぶりの寺田さんのヘアドレッサー
宝石商が佐藤圭一さんで、もったいないのがお二人の声が似てること
先週までの五十嵐春くんだと佐藤さんとハッキリ違いが分かる声だったのでハモッた時の響きがきれいでしたが、寺田さんと佐藤さんだとモアっとした感じでもったいなかったです
でも白塗りのメイク、特にツケマツゲが「何枚重なっているのでしょうか?」な感じでおもしろかったです


2007年に前回の東京公演が終わったのですが、その時を思い出させるような胸がいっぱいになった舞台でした
あの舞台なら本当に「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい」と言えます

後で思ったのですがアンドレ役者が3名!
でも寺田さんだと小林さんを思い出しちゃうな。。。


素晴らしい舞台をありがとうございました






comments(0)|trackback(0)|オペラ座の怪人観劇|2012-09-02_01:04|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。