今日も青空

♪今日も青空♪にようこそ! 我が家のコザクラ&ボタンインコのことや大好きなミュージカルのことなどをのんびりと(^^♪

プロフィール

キイロ

Author:キイロ
東京都在住

ミュージカルが好きで、特に劇団四季の『オペラ座の怪人』と『キャッツ』は数多く観ています。
村 俊英さん、范虎さん、北澤裕輔さんを応援しています。

6羽のコザクラインコと2羽のボタンインコと暮らしています。
うるさいけれど、このうるささがたまらなく好きです。




他の方がお読みになった時にイヤな気分になるようなコメントは消さしていただきますのでご了承ください





メールは♪こちら♪へ。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

10/14 ドリーミング観劇

昨日は秋劇場で観劇中に雨の音に気がつきました
かなりの雨が降って来たな~と思っていたらドッカ~ンって雷
帰りはもう降っていなかったので二幕中に降り始めて、雷おじて(ちょっとユタ風・笑)、さっさと止んだんですね   >浜松町
浜松町は降ってなかったのに地元の駅に到着したらバケツをひっくり返したような大雨で、買い物して帰ったらクツの中までビッショリ
あぁ、帰りは疲れました


さて、初見の『ドリーミング』
C席からだったので細かいところまでは見えてないんだろうな
それにしても大徳チルチルと岸本ミチルの可愛いことったらなかったですよ
お兄ちゃんはいつも妹の手をぎゅっと握っていて、まるで「はじめてのおつかい」みたい~
しょげないでよbaby~と舞台とは関係ない音楽が聞こえましたもの

お話は二人が見た一晩の夢のお話なのですが、全然内容を知らなかったワタシには展開が早すぎる~
あ、もうここは終わり? 今度は次??って感じ
夢のお話だということは最後に分かるんだけど、夢なら何があっても不思議じゃないからあの早い展開なのかしら?
きっともう一度見たら全然違うように見える気がします

大徳チルチルは何を着てもちゃんとチルチルで、特に後ろから見るふくらはぎは少年のそれで、妹を思う気持ちやしぐさもとても素晴らしいと思いました
大徳さんはモンゼ(ユタ)、おみよちゃん(ぞう)でも拝見しましたが、もう絶対に最高の役者さんだと思います
きっと小柄で可愛らしいからモンゼがおみよちゃんなんだと思うけれど、大人の女性の役も絶対に見たいです

岸本ミチルは、すいません、あの方はおいくつなのですか?
C席から見ると本当に5歳くらいの女の子にしか見えません
お兄ちゃんにくっ付いての歩き方とか話し方とか、なんかもう可愛いの~
大徳さんと岸本さんの配役はピッタリだと思いました

火とかミルクとか出てきますが特に大きな歌があったりダンスがあったりするのではなくて、単なる同行者って感じでしょうか?
キャッツで長く拝見した田島さんが祖父/カシの大王/時の老人役で登場なのですが、なにしろC席なので全然お顔を確認できませんでした、残念

マコ母で拝見した白木美貴子さん
今回は母親チル/夜の女王/母の愛役
白木さんは感情が良く伝わる歌でマコ母でも泣かされましたが、今回も母の愛では「子供たちがキスしてくれたり笑ってくれるのが幸せ」みたいな台詞がありお母さん役にはぴったりの方だと思いました
夜の女王はスカートの部分が大きく広がった(舞台いっぱい位)セットのような黒と紫色の衣装で、紅白の小林幸子さんを思い出しちゃいました

生まれるのを待ってる子供たち
空想の世界だけれど本当にあんな風に待ってる事があったらおもしろそう
赤ちゃんなのにシッカリした考えをもってるし。。。
台詞も上手に練習しましたね!という感じかな

アンサンブルさんのダンス
女性のダンスがとてもきれいでした
衣装が柔らかい感じの。。。何ていうのかしら、裏地みたいにツルツルして光沢がある布地で色もパステルカラー
白っぽい金髪(シャンパンゴールドっていうのかな?)の長くて真っ直ぐな髪と一緒に動くととてもきれいでした
男性のダンスはそれほどなくて、も少し力強いダンスが見たかったです

光の沼尾さん
沼尾さんは金髪のカツラが本当によく似合うと思います
グリンダもかわいかったし、光も、最後にちょっとだけ登場の隣の娘も~
昨日は初見で歌も全然知らなかったので、歌の内容を分かろうと言うよりは沼尾さんの歌を楽しもうと思いました
ウィキッドのような迫力ある歌もおもしろい演技もないけれど、沼尾さんの周りはゆったりした雰囲気でそれもまたステキでした

イヌのチローの田中さんはもっぱらお笑い担当なんですね


まだ初見で歌も全然知らないから、よく知ってる演目のようには楽しめなかったけれど、大徳チルチルと岸本ミチルの可愛さに思わず手を振ってしまうような舞台でした


最後に我が家の青い鳥
いく@ブルボン
この仔はずっと我が家にいます



comments(0)|trackback(0)|観劇|2009-10-15_18:47|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。