今日も青空

♪今日も青空♪にようこそ! 我が家のコザクラ&ボタンインコのことや大好きなミュージカルのことなどをのんびりと(^^♪

プロフィール

キイロ

Author:キイロ
東京都在住

ミュージカルが好きで、特に劇団四季の『オペラ座の怪人』と『キャッツ』は数多く観ています。
村 俊英さん、范虎さん、北澤裕輔さんを応援しています。

6羽のコザクラインコと2羽のボタンインコと暮らしています。
うるさいけれど、このうるささがたまらなく好きです。




他の方がお読みになった時にイヤな気分になるようなコメントは消さしていただきますのでご了承ください





メールは♪こちら♪へ。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

3/26 「ユタと不思議な仲間たち」観劇

今回のユタ公演は2週間ほどの短い公演でしたが、ワタシが観に行かれた日はもちろん、それ以外の日も絶対にすばらしい舞台だったと言える舞台でした

演じてるのではなくて、もうその人なんですよ
本当に水島勇太クンはあんな顔であんな声で、寅吉じっちゃんの話にどんどん入り込んで本物の座敷わらしに会えて素直な気持ちで話ができて、命を持ってない座敷わらしの話を聞いてどんどん変化が表れて、いじめっこ達が仲間になって、ずっとその仲間たちと生きていく

舞台の最後の場面、小夜ちゃんと一緒に座敷わらしを見送っている場面の奥に、この先ユタがどうやって生きていくかが全部見えるんです
大作たちと遊ぶユタたちを弟をおぶって見てる小夜ちゃんんの姿も見えるんです
でも、いつまでも弟をおんぶはしてないよね、大きくなるんだもんね(笑)

去年、東北の被災地での公演はとても大変だったと思います
でも大変だったからこそ得たものは大きいと思うし、それが舞台で生かされています
四季の演目で、今、一番感動できる舞台です


去年から今年にかけての児童招待公演のキャストを見せてもらったら、あべゆきさんがクルミ先生になっていたり、和田侑子さんが小夜ちゃんになっていたり、久しぶりに石栗絵理さんがタマ子だったんですね
どのキャストも見たかったですね

5月にまた東北被災地の公演があり、その後は6月に京都公演だそうです
ワタシ、京都に行きそうだな~

素晴らしく、いつも感動できた舞台をありがとうございました
また絶対に観に行きます



スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|観劇|2012-03-31_22:02|page top

今夜は!


沢田研二さんの舞台を見ます。






comments(0)|trackback(0)|観劇|2012-03-27_17:27|page top

今週もこんにちは♪ キャストチェック

今、四季の演目で一番感動してしまうのは絶対に「ユタと不思議な仲間たち」です
どの演目よりも、伝えたいことが明確でストレートに伝わってきます
泣き虫でなくてもあの気持ちを理解できれば自然に涙が出てくるのが普通な気がします




オペラ座の怪人    3月28日(水)~4月1日(日)

マダム・ジリー : 横山幸江 → 戸田愛子
ムッシュー・アンドレ : 増田守人 → 林 和男
ムッシュー・フィルマン : 平良交一 → 青木 朗


今週は2月に引き続き「★第1弾ファントム・トーク・シアター★」です
残念ながら佐野さんも横山さんも交代されていますが、とても楽しみです



キャッツ       3月27日(火)~4月1日(日)

ヴィクトリア : 廣本則子 → 土井礼子
スキンブルシャンクス : 劉 昌明、三雲 肇 → 劉 昌明 
ギルバート : 安江洋介 → 新庄真一



あー、まだ村さんは大阪でトラップ大佐です、ガッカリ。。。
「アスペクツ~」のお稽古はどうなっているのでしょう?
四季で今ジョージ役ができるのは村さんだけですよね?
東京で村さんの歌声を聞かせていただきたいです



今週は今日「ユタと不思議な仲間たち」を観てきました
木曜日にはオペラ座のイベントに行ってきます
今回は林さんがメインでお話をしてくれそうな感じでしょうか



皆さんも楽しい感激を~





comments(0)|trackback(0)|キャストチェック|2012-03-26_23:20|page top

はな&くく、一緒に放鳥♪

最近女子コザたちは1羽ずつ放鳥しているのですが、今日は時間がなくて、単にワタシのお腹がすきすぎていて早くご飯が食べたかっただけなんですが、はなとくくを初めて2羽だけで放鳥してみました
本当に色がよく似てる2羽なんですよ



はながもっと嫌がるかな?と思っていたら、よほど水浴びしたかったのかくくの事よりも水浴びに夢中
はな水浴び


くくも全然怒らずに一緒に水浴び
IMG_1333.jpg


あ~ら~、良いですね
一緒に水浴びできて楽しそう
はなくく水浴び


いや~、こんな姿が見られるなんて最高にうれしい
はなくく水浴び2


水浴びのあとは一緒に紙切り
これは一緒にしなくていいのにね。。。
はなくく紙切り


はなは他の鳥が好きではなくて、くくは意外とどの鳥とも仲良くできます
くくが必要以上にそばに寄らないので、はなも怒らなかったんだと思います

これからも一緒に遊んでくれたらうれしいです
クリルチって本当にきれいです~


comments(0)|trackback(0)|鳥&動物|2012-03-25_23:46|page top

はなのケガ

昨日の放鳥中にはながはるの近くに寄っていってしまい、怒ったはるがはなの羽を噛みました
やばい!と思って急いで離したのですがすでに遅く、かなり出血してしまいました
緊急で病院に予約を取ってもらい本日午前中に診ていただきました
表側は出血したところがイボのように腫れていて、裏側は血が溜まっていました


かなり出血がひどかったので「とう骨か尺骨が骨折してるかも?」と言われ、レントゲンを撮りました
それがこちらです

はな

鳥の骨の名前はこちらをご覧下さい → 「鳥の骨格構造と名称」 

骨折はしていなくて良かったのですが、心配なのは出血がひどかったので治りかけに本人が気にしてキズを噛まないかと言うことです
噛んでキズがひどくなったり、羽を抜いてしまうのが今一番の心配事です

はなのケガはいつもワタシの不注意なので謝っても謝りきれません
なのに全然はなは怒ってないし
本当に申し訳ないです

早く問題なく治りますように。。。。。





comments(0)|trackback(0)|鳥&動物|2012-03-23_23:07|page top

「100%手作りスイーツ食べ放題「ハッピー・スイーツ・オーケストラ」へ行ってきました

ワタシがいつも見ているスウィーツのブログがあります
そこで美味しそうなスウィーツバイキングがあったので行ってきました

東中野の日本閣って知っていますか?
ワタシ、古いですね?
今は名前が替わっていて「west53rd日本閣(ウエスト・フィフティサード)」になっていたのですよ → 詳しくはこちら 

結婚式場にあるcafeなのでバイキング以外のお客さんも普通にいて、「どの人がケーキバイキングに来てる人なのかな?」と思うほど静かで平和でした
こちらがケーキのメニューです
メニュー2


ケーキ意外には暖かいお料理もあり、こちらもまたアツアツで美味しいの~
メニュー1


これは最初の一皿!
と思っていましたがアツアツサイドディッシュもいただいていたら、もうこれだけでお腹がいっぱいに
アッ、これ以外には小さい器のアイスを配ってくれました
ケーキ1


ケーキよりもこちらの方がおいしかったかも?
アツアツはやはり美味しいですよね
料理1


ここはとても人気があるようで、申し込んだ時(2月末)にはすでにキャンセル待ちでした
毎月2回の開催のようですが、3月は3回目が設定されてその日に予約を入れてもらえたんですよ
毎月メニューが替わるようですし、ケーキだけでなくアツアツもあり、太陽の光が明るいcafeで大満足でした


また2ヵ月後に行く予定です





comments(2)|trackback(0)|おいしいお話|2012-03-21_17:30|page top

梅の花が咲いた!!

一昨年の梅 は3月9日にもう咲いていたんですよ(我が家の庭では)

今年は本当に寒くて、『暑さ寒さも彼岸まで』じゃないようです
今夜も寒いです


昼間は暖かい日差しがあって満開になっていました
梅4


花粉さえなければ外で昼寝したい日差しですよね
梅1


まっすぐに並んだ梅の花たち
梅2


このつぼみも明日は咲くかな?
明日は暖かいのかな??
梅3


今年もまた少しでもいいので梅の実が成ると良いな~

comments(0)|trackback(0)|日々の事|2012-03-20_23:51|page top

今週もこんにちは♪ キャストチェック

中国でミュージカル『キャッツ』 → こちらです 
「日本の劇団四季に長年参加していたベテランも多く含まれている」とはどなたの事なのでしょう?


オペラ座の怪人    3月20日(火)~3月25日(日)

ウバルド・ピアンジ : 半場俊一郎 → 永井祟多宏

開幕から連投だった半場さんが今週は交代です



キャッツ       3月20日(火)~3月25日(日)

ジェニエニドッツ : 石倉康子 → 鈴木釉佳之
カッサンドラ : 蒼井 蘭 → 大口朋子
コリコパット : 新庄真一 → 入江航平
タンブルブルータス : 松永隆志 → 川野 翔



今週は20日(火)が春分の日で祝日です
そしてその後は春休み~
観劇のお客さまも増えるはず?


今週は観劇なし
来週を楽しみにします(笑)



皆さまは楽しい観劇を~




comments(0)|trackback(0)|キャストチェック|2012-03-19_23:26|page top

ちょっと自慢?

東京公演のパンフに載っているラウル

中井さん、北澤さん、涼太さん、飯田弟くん、天野さん、そして岸くん

先週の岸くんで全員のラウルを観ました

ちょっと自慢しても良いんじゃないかしら?

天野さんもどうしてアンサンブルなんでしょう

どんどんラウルに出していただきたいわ

岸くんもこの先どんどん観たいです





comments(0)|trackback(0)|観劇|2012-03-17_23:37|page top

3/13 「ユタと不思議な仲間たち」観劇

泣けた泣けたーー

ユタでも泣けるけれど、今回はこの「ユタと不思議な仲間たち」を観劇した被災地の子供たちを思うと涙が止まりませんでした
ご両親や親戚、学校の友達を亡くされた子供がどんな気持ちで毎日を過ごしているか
一日でもこれを観て楽しんでくれて良い思い出が出来たか
そんなことを考えていたら以前と全然違うユタに見えました

上川ユタ、やるきスイッチが入った瞬間すごかったですよ
力がみなぎって指先がワナワナして、すごいオーラなんです
観てる方を押し返されるんじゃないかと思うほど
息するのを忘れました

上川くん以外のキャスト、菊池さんも道口さんも伊藤さんも和田さんも柏谷さんも、奥平さんも吉谷さんもあべさんも丹さんも、もうキャストではなくてもうその人そのものでした
伊藤ゴンゾはますます暴れん坊になっていましたよ

ユタの特訓のヒノデロとの時、ユタの手から棒がスルッと抜けて上手側の客席に飛んでしまいました
上川ユタもちょっと驚いた風で飛んでいった方を見て一瞬止まりましたがその後続行
棒がなくても股間は痛かったようでした(笑)
菊池さんがその棒を客席まで拾いに行ってはける道口ヒノデロに渡して事なきをえました
客にぶつからなくて良かったと思います

あべゆきお母さんは相変わらず仲直りの握手では大泣きでした
「誰、こんなに泣いてるのは?」と思ったらあべさん
そういえばこの前の公演の時も声をたてて泣いていたことを思い出しました


5月も東北を回るとの事
子供たちも楽しみに待っているのでしょう


今回の秋劇場での「ユタと不思議な仲間たち」公演
去年の夏、大変な思いをした方々をはげまして、またその方々にはげまされて公演が出来たと吉谷さんがカテコでお話されました
今回の公演を見て、これが本当の凱旋公演というものではないか?と思いました
あんなにお客さんによろこんでいただける公演もなかなかないと思っています




comments(0)|trackback(0)|観劇|2012-03-16_17:46|page top

3/9 「オペラ座の怪人」観劇

久しぶりの前列での観劇が前回の東京公演以来の佐野ファントムと、ずっと観たかった岸ラウルだったので本当に素晴らしい観劇となりました
ラウルは飯田弟くんとのダブルだったし、木曜日までは一日おきだったので岸ラウルも8割方あきらめていたんですよ
キャスボを観た時は体が浮き上がるような嬉しさでした、ホント!!

岸ラウルは正統派ラウルでした
まじめでお育ちがよくしっかりした気持ちを持っている子爵で、毎日おいしいお食事でちょっとお顔が丸いのかな~(笑)
考えてみたら今まで岸くんはスキンブルでしか観た事が無くて、正直あんなに歌えるとは思っていなかったです
岸くん、本当に申し訳ない!!
台詞もとても聞き安い話し方でした
マイクに入らないところでもクリスに何回も話しかけていました(その多くが「大丈夫!」でした)
もっともっと長く連投させたらどんどん良くなるラウルだと思います
北澤さんのラウルデビューの頃を思い出しても連投してくれたら良いのに。。。。


そして佐野ファントムですよ
もうね、2007年3月15日以来5年ぶり
トラベレーターで佐野ファントムが登場した瞬間に5年前にグーンと時間が戻った感じがして、ものすごく新鮮な感じで舞台を見ていました
止まらないワクワク感

佐野ファントムは佐野ラウルとは正反対な人間性です
佐野ファントムは「究極のマザコン」ではないかと思いました
本当の母に愛してもらえなかった分、それをクリスに求めている
佐野ファントムのクリスに対する態度は、聞き分けの無い子供がおもちゃ売り場で「これ買ってー、これ買ってーー」と床に寝転んでだだをこねてる姿にそっくりだと思いました

笠松はるクリスはそのマザコン男のわがままを受け入れる母性を持っているので、佐野ファントムを許して求めてる
そんな風に見えた佐野ファントムとはるクリス
ラウルが登場したことにより二人は初めて会い、ファントムは地下室にクリスを連れて行き、ファントムは自分のことを歌い、クリスはそれを聞き、完璧に二人の世界が出来上がる
その後、シャンデリアが落ちてきたりレッドデスが登場しても、それは二人の世界ではもう分かっていたことで二人の気持ちは全然変わらない

2幕の地下室での出来事も二人の間ではたいしたことではなかったのに、ちょっとだけ佐野ファントムがやりすぎたこと(「俺を嫌えばこいつを殺すぞさあ選べどちらか どうする?」と言ってしまったこと)ではるクリスを本気で怒らせていまい「悲しみの涙 今、憎しみに変わる」(それまでは母として悲しいあなたを許していたけど今度は本当に怒ったわよ!な感じ)と言われて、内心「やばい、本気で怒らせてしまいもうだめだ」と思ったけれどもう取り返しはつかない。。。
もう駄々っ子の最後の姿を観ているようでした
お母さんには何を言っても大丈夫だと思っていたのにあまりに駄々をこねすぎて「そんなにうるさいならそこに置いていきます」とお母さんに置いてきぼりにされた時のような気持ちかな?

そんな母のようなはるクリスは駄々っ子佐野ファントムを最後の最後まで母の気持ちで受け止めてキスをしました
本当のお母さんにも貰ったことのない大きな本当の愛情だったと思います
クリスから離れたあとの佐野ファントムの顔と歩き方でそれがどれだけ大きかったかが分かりました
でも、そこにはラウルもいた事に気が付き(思い出し?)一瞬でプライドの高いファントムに戻る

クリスティーヌだけに見せる本当に自分と、他の人に対する時のファントムの差
その差が大きいだけはるクリスへの愛情と執着も大きかったんだと思いました



この日の「オペラ座の怪人」は今まで観たどの「オペラ座の怪人」と全く別物でした
演じるキャストが違えば舞台自体も変わってくるのは分かっていましたが、こんなに違うとは本当に驚きでした
もう一度、この日と同じキャストで観たいです

この日の観劇に感謝
そして、やっぱり「オペラ座の怪人」最高






2/29のイベントで「屋上の場面でドンファン稽古の音楽が流れてますよ」と佐野さんからお話があり、この日の観劇で注意して聞いていました
そしたらありました
屋上の場面が始まって一番最初のところ 「どーしてここへ?」の前のフレーズですね
あ~、分かってスッキリしました


素晴らしい舞台をありがとうございました



comments(4)|trackback(0)|オペラ座の怪人観劇|2012-03-13_23:48|page top

今週もこんにちは♪ キャストチェック

もう3月半ばだと言うのにまだまだ寒いです
寒いのに花粉はバンバン飛んでいます
朝、ゴミ出しに行っただけで喉の奥がかゆくなりアレルギーが始まります
まだ寒いんだから花粉もおとなしくしてなさいよ!と毎日思います



オペラ座の怪人    3月14日(水)~3月18日(日)

オペラ座の怪人 : 佐野正幸 → 高井 治
ラウル・シャニュイ子爵 : 岸 佳宏、飯田達郎 → 飯田達郎

おー、ファントムが1週間で佐野さんから高井さんに交代です
佐野ファントム、どうして1週だけ?
もっと観たかった!!

そしてラウル、飯田弟くんがシングルです
先週ダブルだったきっしーは?
きっしーラウルがとても良かったのでもう少し続いてくれたら良かったのに。。。

高井ファントム、はるクリス、飯田弟ラウル、どんな舞台になるんでしょうね?





キャッツ       3月14日(水)~3月18日(日)

ジェリーロラム=グリドルボーン : 朴 慶弥 → 熊本亜記
シラバブ : 五所真理子 → 江部麻由子
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ : 田島亨祐 → 橋元聖地
ラム・タム・タガー : 田邊真也 → 芝 清道
ミストフェリーズ : 永野亮比己 → 岩崎晋也
スキンブルシャンクス : 三雲 肇 → 劉 昌明
ランパスキャット : 桧山 憲 →  永野亮比己

わ~、永野さんがランパスですよ
ワタシの2回目からのキャッツ観劇、2007年3月~4月にかけて4回ほど永野ランパスを観ています
が、全然記憶にないんですよー
だってまだネコの区別がつかない時だったんですもの
ランパスはリフトもあり大変だと思いますが気をつけてケガの無いように頑張っていただきたいです


芝さんがタガーになっているということは、村さんのトラップ大佐が続くということ?
「村さーん、関東に戻っていらしてくださいな~」



3月11日(日)、「ユタと不思議な仲間たち」開幕しました
今週はそのユタに行ってきます
一年の公演を経てますます感動する舞台になっていると思います
とても楽しみ


皆さまも楽しい観劇を~






comments(2)|trackback(0)|キャストチェック|2012-03-12_23:09|page top

もう一年がすぎた

2011年3月11日

東日本大震災からもう1年が過ぎた
毎日毎日テレビを食い入る様に見ていた
あの映像はもう見たくないので今日はテレビをつけない

あの日突然に命を奪われた人たちの
冥福を静かに祈ります

今、そしてこれから自分たちにできる事をきとんと考え、そしてそれを実行する
自分を守れるのはワタシだし、鳥を守れるのもワタシ
あとで後悔しないように

comments(0)|trackback(0)|日々の事|2012-03-11_22:33|page top

今夜のラウル


きっしーだよ~♪
comments(2)|trackback(0)|未分類|2012-03-09_18:22|page top

首がみょ~ん!!

先日のオフ会での利あり



ミョ~ン!!


なんでこんなに伸びるんでしょう?

もう笑うしかない可愛いヤツです





comments(2)|trackback(0)|鳥&動物|2012-03-08_22:36|page top

クリスティーヌ、はるちゃんへ

【オペラ座の怪人】

お~、クリスチィーヌが苫ちゃんから笠松はるさんになりました(3/6) 
クリスティーヌ・ダーエ : 苫田亜沙子 → 笠松はる 


【キャッツ】

キャッツもキャス変です (3/6)
ミストフェリーズ : 松島勇気 → 永野亮比己
スキンブルシャンクス : 劉昌明 → 三雲 肇



comments(2)|trackback(0)|キャストチェック|2012-03-06_23:32|page top

今週もこんにちは♪ キャストチェック

佐野さん、ファントムですね~
いつぶりだろう?
東京の最後の頃?
「次は佐野さんかな?」と話していましたが本当になって嬉しいです
明日にでも行きたいくらいです


オペラ座の怪人    3月6日(火)~3月11日(日)

オペラ座の怪人 : 高井 治 → 佐野正幸
ラウル・シャニュイ子爵 : 佐野正幸 → 岸 佳宏、飯田達郎
メグ・ジリー : 西田ゆりあ → 中里美喜

お~、佐野ファントム来ましたね
佐野さんはファントムデビュー前にも5週間ほどラウルの時があり、今回も舞台での実践を経てファントムでの登場なのでしょうか?
もしそれが佐野さんのお考えなら素晴らしいです
ラウル役で体を慣らして、そしてファントムへ
本当にファントム役の大変さが分かります

そして新しいメグのデビュー
他でお名前を拝見した事がないのですが、新人さんでメグデビューなのでしょうか?

ラウルの岸くんと飯田くん
ワタシにとっては今やこのお二人は180度正反対のラウルです
きっしーラウルはまだ見た事がないのでどーーーーーしても見たいです
それに対して飯田弟ラウルは悪いけれどもう二度と見たくないラウルです
そのお二人がダブルになってるなんて、劇場に到着しないとどちらなのか分からないなんて~
あー、何とかしてください!!(笑)


キャッツ       3月7日(水)~3月11日(日)

ヴィクトリア : 斉藤美絵子 → 廣本則子
オールドデュトロノミー : 種井静夫 →  米田 優
ラム・タム・タガー : 荒川 務、田邊真也 → 田邊真也
マンゴジェリー : 龍澤虎太郎、斎藤洋一郎 → 龍澤虎太郎
ギルバート : 安江洋介、龍澤虎太郎 → 安江洋介


キャッツは週途中でダブルになってりしてるので分からなくなってしまいました
と言ってもマンゴとギルだけどね。。。



あ~、やっと北やんがフィエロから開放されています
先週ダブルになっていたんですね
今週ラウルが交代してるから北やんのラウルはどうだろう?
1ヵ月後くらいにラウルになって欲しいよー

村さんは今週もトラップ大佐です
芝さんと交代してファントムに1ヵ月後くらいに来てくださいよー
そうだわ、4月は村さんと北やんでオペラ座を観ましょう、皆さん(皆さんってダレなのかしら?)


今週は久しぶりに前席での「オペラ座の怪人」です
佐野ファントムときっしーラウルだったらもう願ったり叶ったりなのにな~と思ったりして


皆さまも楽しい観劇を~  

comments(2)|trackback(0)|キャストチェック|2012-03-05_17:48|page top

韓国版「エリザベート」

四季仲間の方に「韓国のエリザベート、すごいよ」と教えてもらいYoutubeでちょっと探してみました









ははは、本当にすごい
日本でもこれくらい歌える方がいたらな~







comments(0)|trackback(0)|観劇|2012-03-03_22:28|page top

桃の花


ほぼ満開になりました~









comments(0)|trackback(0)|未分類|2012-03-03_10:32|page top

フルーツハニーティ♪





ミックスベリーの紅茶にいちごとリンゴ、ミントも浮かべて~
と思ったらブルーベリーとキーウィーも沈んでました

フルーツいっぱいのティなのです








comments(0)|trackback(0)|おいしいお話|2012-03-02_21:13|page top

2/29 「オペラ座の怪人」イベント参加

昨日のイベントの様子は四季のHPにアップされています → こちらを見てね~


おもしろかったところを少しだけ書き足しますね

佐野さんは前日「倏(しゅく)」の字を考えてたら深夜2時になってしまい、そしたら緊急地震速報が流れて驚いたそうです
そうなんですよね、大きな揺れにはならなかったけれど深夜の緊急地震速報は怖いです

「24年後は何をしていると思いますか?」の質問には
佐野さん「1万回になるのでそれに出たい。全訳制覇!! アンドレとフィルマンとムッシュ・レイエとムッシュー・ルフェーブルとブケー」
横山さん「かわいいおばあちゃん!」
林さん 「伝える役目として席から舞台を見ていたい。プライベートでは孫が欲しい~」
横山さん「1万回の佐野さんは最初の場面はちょうどぴったりですよね」(老ラウルのことね)

「24年前と違っている点は何ですか?」には
佐野さん「基本的には変わってません。変えてはいけないものをチェックしています。今回の公演はオーバーチュアにはベースとエレキが入ってるんですよね。
増田さん「ベースがドン・ド・ドン!と響いていますよね」(何となく違って聞こえたのはそれだったのか?)

佐野さん「ラウルとクリスの屋上での場面、(多分[ THE ROOF OF THE OPERA HOUSE ]だと思います、曲名はなに?)ドンファン稽古のフレーズが聞こえるんですよ。ファントムが作曲をしてる?」と疑問型でお開きとなったんです


あの林さんがおとなしくなってしまうくらい佐野さんがたくさんお話をしてくれて本当に楽しい時間でした
知らないことがまだまだたくさんあり、それを教えていただいて益々奥の深さを感じ、益々「オペラ座の怪人」が好きになりました

また来月、期待しています




comments(0)|trackback(0)|オペラ座の怪人観劇|2012-03-01_22:37|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。