今日も青空

♪今日も青空♪にようこそ! 我が家のコザクラ&ボタンインコのことや大好きなミュージカルのことなどをのんびりと(^^♪

プロフィール

キイロ

Author:キイロ
東京都在住

ミュージカルが好きで、特に劇団四季の『オペラ座の怪人』と『キャッツ』は数多く観ています。
村 俊英さん、范虎さん、北澤裕輔さんを応援しています。

6羽のコザクラインコと2羽のボタンインコと暮らしています。
うるさいけれど、このうるささがたまらなく好きです。




他の方がお読みになった時にイヤな気分になるようなコメントは消さしていただきますのでご了承ください





メールは♪こちら♪へ。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

「ひつまぶし」うまし!!

三銃士が終わってから夕食に行ったのですが、「季節がらうなぎがいいな~、ひつまぶしはどう?」という事になり有楽町にいたのでで、ひつまぶし名古屋 備長 銀座店に行きました

東京のうなぎ文化は強いのでひつまぶしを食べられるお店があまりないのですが、蒸してから焼く江戸風も好きですが、蒸さないうなぎも好きです

浜松もうなぎが有名ですが、以前にサッカー観戦で行ったお店のパリッとしたうなぎがとても美味しかったです
あれは蒸してないからあんなにパリッとしていたんでしょうね

金曜日のひつまぶし、わさびをちょっとつけていただくのが美味しかったです
お茶づけにしたのもとても美味しかったです

土用の丑の日が終わってしまったらすっかりうなぎの話も聞かなくなってしまいましたが、夏のうちにもう一度(もっとかも~)美味しいうなぎを頂いておかないとね
夏の贅沢です




スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|おいしいお話|2011-07-31_23:29|page top

7/29 「三銃士」 ②

単なる感想とネタバレです

そうそう、その前に発表があります
指揮が西野淳さんだった~

もうこれだけでテンション
久しぶりだから一生懸命に聞いたわ~
舞台よりもオケピをあんなに見てる客はいないと思うほどね
さすが西野さん、歯切れの良い音楽になっていました
やはり西野さんの指揮は気持ち良い音楽です

それからこの三銃士のテーマ
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」ってどこかで聞いた事がない???
あるよね、そうユタ
この台詞が何回も出て来るのですが、出て来る度にユタを思い出しておかしくてね
それに途中で橋本アトスが右手を拳にして左胸に当てる場面があって、まるでユタの「生きているってすばらしい」のズンズンズンズズンズズンズン~の時みたいで、ここでもちょっと笑いました
内容も子供の時はダメダメだったダルタニアンが大人に成長していくのを三銃士のアトス・アラミス・ホルトスが見守り助けていくストーリーも、ユタと座敷わらし達みたい
はははー、なんかとても似すぎ~






以下ネタバレです

続きを読む

comments(0)|trackback(0)|観劇|2011-07-30_22:51|page top

「三銃士」観劇 ①

まったく何も知らないで観劇に行って、1幕はコミカルな場面が多く「こんなに笑っちゃっていいの~?」と思い、2幕になってシリアスな場面なのにどこかにオチがあるんじゃないかと思ってしまいました
こういうのって困るわ(笑)

三銃士 サイン

吉野さんのサインの動物はナニ??
comments(0)|trackback(0)|観劇|2011-07-29_22:34|page top

劇団四季東北特別公演「ユタと不思議な仲間たち」開幕

今朝、めったに見ないテレビを何となく見ていたら昨日から始まったユタの東北特別公演の様子が12分くらい放送されていました
12分ってすごく長いですよね
みのさん、ありがとう~

衣装が暑いのでわらしの衣装が薄くなったりメッシュになったり
ユタの衣装も半袖になっていましたね

あざみ野でも照明・エアコンをつけないでの稽古
汗だくのユタをお母さん(あべゆきさん)がうちわであおいでいました


新聞には写真も載っていたのでよかったら見て下さいね
「よみうりオンライン」では薄着になった座敷わらしの衣装がわかります →  「よみうりオンライン」

ニッカンスポーツ.comでは写生の場面です → 「ニッカンスポーツ.com」


また余震が続いていて暑さも大変だと思いますがスタッフキャストの皆さん、体調に気をつけて頑張って下さい

comments(0)|trackback(0)|観劇|2011-07-27_22:07|page top

今週もこんにちは♪ キャストチェック

今週は村さんがガスシングルなので横浜に行く事にしました
村さんのガスは横浜開幕の4週以来なので久しぶり~
チケットも用意できたので楽しみです




キャッツ    7月27日(水)~7月31日(日)

ランペルティーザ:大口朋子 → 石栗絵理
シラバブ:谷口あかり → 五所真理子
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ:飯田洋輔、村 俊英 → 村 俊英
ランパスキャット:高城将一 → 中島康宏





オペラ座の怪人   7月27日(水)~7月31日(日)


交代なし


北やんは配達人ではなくてフィエロでしたね
このまま千秋楽まで?

ファントムは佐野さんで千秋楽??
観劇には行かないけれど気になる~(笑)



今週はキャッツのチケットが手に入ったのでキャッツ観劇に行けます
うれしい、ありがとう~
あと、三銃士にも行きます
久しぶりの橋本さとしさんも楽しみです


皆さまも楽しい観劇を~









comments(0)|trackback(0)|キャストチェック|2011-07-25_22:33|page top

村さん、昨日からガスです!!

昨夜、観劇仲間からメールが来まして、「誕生日観劇に行ったらガスが村さんだったよ~」

チェックしてなかった。。。。。
飯田さんとのダブルですか
来週は村さんのシングルになるのかな?

でもさ、大阪のSOM稽古もあるだろうし、そんなに長くないのかしら?
久しぶりだから見たいし、ガスも


それにしても私個人としては6月9日にファントムで、7月初めにピラトで、7月月末にキャッツに行ったとして1ヶ月半の間に三役を見られるのってすごいと思いません?????
イヤ、誰が何と言おうとすごいんです

チケット探すのは大変だけど頑張ろう
comments(2)|trackback(0)|キャストチェック|2011-07-24_13:09|page top

はなといくの健診

水曜日に「金曜日に健診2羽お願いします」と予約をとってから、「さ~、誰を連れて行こうかしら?」と考えてはるとはなの親子にしようと思っていました
誰を診て頂くか決めないで予約しちゃうって言うのもアレですが

当日、もう一度考えてみたら「そういえばいくちゃんって最後の健診っていつだっけ?」と思い、はなといくの超仲悪い2羽を連れていく事にしました

結果、いくを連れて行って良かったんです
そのうの検査をして頂いたらそのうから赤血球が見つかりました
そのうで出血してる場合には、顕微鏡で見るともう赤血球だらけですぐに分かるのですが、いくの場合は1画面に1個位なのでびらんを起こしているのではないか?
それほどの心配はないと言われました


ただ出血してるのは確かなので止血剤を出してもらい、1日2回1週間ほど飲ませることになりました
いくは直接飲ませる投薬が初めてなので暴れますが、グッと押さえて飲ませています

原因は何だろう?と思ったのですが、最近はると一緒に放鳥すると2羽はいつも仲良しで、はるに「ご飯ちょうだ~い」されてエグエグ吐き戻ししてあげています
もう10歳だし、それがそのうの負担になってるのかしら?と思っています
なので可哀そうですがしばらくは別々の放鳥です


それから2羽とも少し胸の肉が薄いと言われました
確かに2羽とも中央の骨がとんがっています
DCF_0321.jpg
「正常」と「やせてきてる」の間になってるのでもう少し胸が厚くなると良いと言われました
ペレットもシードもバリバリ食べてるので、これ以上はどうしたら良いのかしら?


特に大きな問題はなかったのですが、2週間後にもう一度2羽で診て貰う事になりました
いくの投薬が効いてくれると良いのですが。。。。
がんばって飲んでもらいます



comments(0)|trackback(0)|鳥&動物|2011-07-23_23:37|page top

「ぴあ」 39年ありがとう

「ぴあ」は必需品でしたね、あの頃

ワタシが一番見たのは「ライブハウス」のところ
自分の好きなバンドが今月はどこのライブハウスに出るのか?
行けるところはカレンダーに書き込んで、それが生活の中心になっていましたね(笑)
人気のあった時には週3くらいであちこち通っていましたし~

今の様にネットも携帯もなかったので、新しいライブハウスに行く時には地図でその場所を探したものです
地図見るのが好きだったので、それも楽しかったです

もう青春っていう年齢ではないけれど、青春の中の一つが終わったな
ぴあ、いろいろとありがとう
comments(0)|trackback(0)|日々の事|2011-07-21_22:44|page top

釣られるはな

一時期、店の棚の下に潜るのがブームだったはなですが、巣をつくられては困るので釣ってみました




こんな簡単に釣れて、おもしろかったです
comments(2)|trackback(0)|鳥&動物|2011-07-20_23:36|page top

今週もこんにちは♪ キャストチェック

日曜日にJCSが千秋楽をむかえました
キャストの皆さま、お疲れさまでした&すばらしい舞台をありがとうございました

あの村さんピラトの歌や北やんのキラキラ衣装(衣装?)が見られないのは残念ですが、時々思い出してニヤニヤしたいと思います


キャッツ    7月20日(水)~7月24日(日)

ジェリーロラム=グリドルボーン:金平真弥 → 朴 慶弥
ディミータ: 団 こと葉 → 坂田加奈子

先週月曜日の夜、きっしースキンブルからチャンミンスキンブルに戻っていたんですよね
どうして交代になったのかは分かりませんがファンとしたらチケットの手配もあるし、急なキャス変は避けて貰いたいです



オペラ座の怪人   7月20日(水)~7月24日(日)

クリスティーヌ・ダーエ:沼尾みゆき → 笠松はる
マダム・ジリー:原田真理 → 戸田愛子

大阪オペラ座も残り6週となりました
大阪も暑いので体調に気をつけて最後まで頑張って頂きたいです


JCSが千秋楽を迎えて、今週村さんがファントムだったらどうしよう?と思っていましたが今週はお名前が見当たりません
よかった。。。
北やんも近いうちに配達人に戻られるのかしら?



ワタシは今週は観劇ナシ
明日の台風も注意しないといけませんね
明日観劇の皆さまは気をつけて下さい


今週も楽しい観劇を~









comments(0)|trackback(0)|キャストチェック|2011-07-19_22:01|page top

すごい! なでしこJAPAN!!

すごいよ、すごいー

おめでと~ なでしこJAPANの皆さん
なでしこ2


奇跡というのは時々起るから奇跡であって、スウェーデンに勝って、ドイツに勝ってアメリカにも勝ったら、もうそれは奇跡ではないでしょう
なでしこ1


それは実力と呼んでも良いでしょう
なでしこ3


震災で助けてくれた世界中の皆さまに「ありがとう」が言えた素晴らしい大会だったと思います
なでしこ4


本当に素晴らしいチームです



写真は毎日.jpさんからお借りしました


comments(0)|trackback(0)|サッカー|2011-07-18_22:33|page top

7/12 JCS 第2回「プレステージイベント~集え!!エルサレムへ~」イベント参加

12日は『ジーザス・クライスト=スーパースター』<エルサレム・バージョン>第2回「プレステージイベント~集え!!エルサレムへ~」というめちゃくちゃ長いイベントがあったので参加しました

えーと、これはどんなイベントなんでしょうか?
プレステージイベントって初めてなので~

参加して思ったのは、バックステージを見せてくれるのがメインなの?
それともそれとも出演者の話を聞かせるのがメインなの?
半々なの? (笑)

質問イベントには北やん、本城さん、深見さん、礒津さんが登場してくれて、進行は飯田くんと阿川さんでした
お客さんからの質問を読んでそれに答えてる間に、ワタシ達客は1列ずつ10人ぐらいのグループになって説明してくれるキャストが一人ずつ付いてくれて舞台の裏に案内されました
ワタシたちの担当は亀山翔大さんでした

このイベントの一番のウリは傾斜のついた舞台を見せてもらえる事だと思います
狭い階段は危険なので客一人一人にキャストが一人一人手を貸してくれて階段を昇ります
ワタシは孫田さんでした
孫田さんも韓国の方のようでしたが、いろいろと話しかけてくれて楽しかったです
それにすっごく美人さん
北やんヘロデと一緒に登場されるダンサーさんでしょう? 
ホント、美しかった~
ただ、ワタシは階段や高い所が全然怖くなかったのでスタスタ昇ったり降りたりしてしまい、孫田さんに「怖くないですか~?」と聞かれてしまいました
もっと怖がった方が良かったのかしら?(笑)
ワタシたちは1回昇って降りただけですが、キャストはカテコで何回も昇り降りするのですから大変ですよね
村さんも北やんも衣装が重そうだし。。。。

そう言えばこの日のカテコ、何回目かで下手側にいる金本カヤパが階段を登って来る村さんに手を貸してあげていました
あの衣装であのせまい階段を昇り降りするのは大変ですだと思います


地面の感じは客席から見てるのと同じでした
硬い所と押せばへこむような柔らかい所
でも裸足では痛そうだな



この日は最後のイベントだったので1階の客席がほとんどいっぱい
200名以上の参加者だったようです
短い間にイベントを企画して下さってありがとうございました
キャストの舞台とは違う一面が見られて楽しかったです

今回のJCSはこれにて終了
素晴らしい舞台でした
いつもいつもありがとうございました



comments(0)|trackback(0)|観劇|2011-07-14_23:29|page top

7/12  「ジーザスクライスト・スーパースター」観劇

アンコール公演も2回目で、ワタシは最後の観劇となりました
村さんのあのすごい歌はいつまでもいつまでも聞いていたい。。と思いますが、あの身を削るような歌は聞いていて辛いです
歌の時間はオペラ座の方が長いけれど、力の入り方はピラトの方が大変だと思います

ヘロデ王の北やんにも改めて歌が上手いな~と思いました
4月は「楽譜通りに歌ってますよ~」が見えていましたが、アンコール公演になってからはどんどん歌が
なめらかになっていましたね
動きや変顔もおもしろくなっていたし、何と言ってもあの歌声ですよ
高音で力いっぱい張るのなんて初めて聞きました
下村さんからアドバイスとかいただいたのでしょうか?
アホでチャラチャラして何にも考えてない短気な王さまがあんなに似合うとは~
新しい一面が見られてファンとしては嬉しいヘロデでありました


今回のJCSで、4月に比べてカヤパ役金本さんがちょっと迫力がないな~と思っています
4月の時に聞いた時に「良い声だな~、特に低い声が」と思ったので今回楽しみにしていたのに残念
6月のオペラ座フィルマンさんもイマイチだったし
あ~、本当に残念

それにしても「アンドリュー・ロイド= ウェバー」と言う人はすごい人だ
印象的な音楽なのはもちろん、それが聞こえただけでガラっと舞台を変えられる
次は何だろう?とわくわくします
スンラさんの様なロックの歌い方もあり、村さんの様な歌い方もありで、音楽を楽しみにしてるワタシとしてはとても楽しめました


ただ、ジーザスが張り付けになる場面は毎回見られませんでした
あーゆー場面は舞台では見たくないのでね
ピラトが手を洗うと水が血だったというのは「あの中は赤い水」と思えるのですが、ジーザスの方は手や足に釘を刺されて出血するんでしょう?
演出とは思っても痛さを考えると。。。場面を想像してしまうので見られなかったです



ワタシの場合、ピラト役の村さんの歌が聞けて、ヘロデが北やんだったというおまけまでついていたので、それはそれは楽しい観劇だったわけです

暑い日が続いて大変ですがもう少し、千秋楽まであと5公演
頑張って頂きたいです
土日ともマチソワですか、それは大変だ。。。。





comments(2)|trackback(0)|観劇|2011-07-13_22:02|page top

今週もこんにちは♪ キャストチェック

お客さまがいらっしゃる時はクーラーつけるけれど、一人だとガマンしちゃって体調壊しそう
我が家のインコお嬢さま達、みなさんお昼寝タイム
こんな暑くてよく寝られるな~



キャッツ    7月12日(火)~7月18日(月)

ボンバルリーナ:高倉恵美 → 西村麗子
カッサンドラ:井藤湊香、蒼井 蘭 → 蒼井 蘭
ミストフェリーズ :永野亮比己 → 岩崎晋也
マンゴジェリー :斎藤洋一郎 → 龍澤虎太郎


木曜日に休演?と思ったら週末は海の日3連休なんですね~
こう暑いと冷たいモノばかり飲んじゃいそうですがそれはダメですよね



オペラ座の怪人   7月13日(水)~7月18日(月)

交代なし

佐野さんもBBから直接のファントムで、体調はどうなのでしょうか?
ジーザスが終われば北やんが配達人に行けて、高井さんが京都に行けるのでもう少し頑張って~


新しい演目を始めるためにキャストが一名抜けると、その役が出来るキャストをどこからか連れて来て、抜けた役をまた探すという悪循環
「その時の一番出来るキャストです~」とかってもう全然信じられなくて、原発の保安院と同じだ。。。



今週はジーザスとLK
ジーザスは本当に最後だと思うので、じっくりちゃんと見て来なくては
と言っても村さんのピラトと北やんのヘロデ王だけど。。。。

暑い日が続くようです
体調管理して楽しい観劇を~



comments(0)|trackback(0)|キャストチェック|2011-07-11_14:07|page top

7/6 「アンデルセン」 観劇

前回は2009年10月に全国公演を札幌で観劇したんだよね
岩崎さんがニールスで、カテコですっごい笑顔だと思ったらご自分の出身バレエ団の方々がいらしていて、それであんなに笑顔になっていたんだな~と思いました
あの笑顔で岩崎さんのファンにもなったんですもの


今回はダンスのアンサンブルに新人さんが多いですね
2011年研究所入所ってついこの前ですよね?
バレエは4人で踊るのですが、斉藤太一くんが前回からのメンバーで3名は新人さん
それなりには踊っていましたがこじんまりした感じでした
こじんまり感は背の高さかな?
この前は高城くんが背が高くてメリハリがありましたもんね
斉藤太一くんはさすがに慣れてる感じで、時々バレエを一緒の踊ってる女性に笑顔で笑いかけたりしていました
太一君て笑うと可愛いお顔ですね
キャッツでは笑うの見たことないし。。。



マダム・ドーロ斉藤美絵子さんはホント美しかったです
とても気を使って演じていられるのが分かりました
前回もそうだったのですが、オーデンセに戻ってからの最後の場面、ハンスに勲章をかけて数歩歩いて振り返るところ
言葉にしなくても通じる二人の気持ちが刺さってきますよね
男女の愛ではないのかもしれないけれどそれ以上の愛だと思います


ハンスの味方さんはあの中性的な感じがとても好きです
ずっと子供ばかりを相手にしてきたハンスが大都会のコペンハーゲンに出てきてとてもきれいな女性に会う
ギラギラした感情ではなくて「あの人のために何かしたい」という純粋な気持ちは味方さんならではだと思います


ニースルの松島さんは。。。。松島さんでした(笑)
2回転のジャンプ、とてもきれい
でも、ドーロと二人で踊る時はどうしても斉藤さんに目が行ってしまって「横にいる松島さん」「後ろにいる松島さん」に見えてしまって。。。。申し訳なかったです


私は大橋里砂さんも好きなので、外国の女王のバレエは嬉しかったです
大橋さんの思いっきり踊れてる姿がとてもきれいで良かったです


まだ始まったばかり
これからだんだん進化して行くんだろうなと思います
新人たちもいろいろな事をどんどん吸収して良い舞台にしてくださいね

楽しい時間をありがとうございました




comments(0)|trackback(0)|観劇|2011-07-09_15:45|page top

7/6  「ジーザスクライスト・スーパースター」観劇

ジーザスって始まる前の客席の雰囲気が独特ですよね
5分くらい前には皆さんが着席して、静かに始まるのを待ってる
笑ったり大きな声でしゃべったりしてる人、いないの
ワタシなんて始まる前から緊張しちゃって体ガチガチよ(笑)

3ヶ月ぶりのアンコール公演に行って来ました
他の方が「芝ジーザスはあそこがすごい」とか「スンラユダはここがすごい」と書かれていると思うので、ワタシは今回も村さんのピラトと北澤くんのヘロデ王を中心に感想を書かせてもらいます


最初に驚いたのは北やんヘロデの変貌でした
4月に2回拝見しましたが、もちろん歌はうまいし、今までの北やんを考えると「ありゃりゃ、北やんすごいじゃないの~」などと思ったのですが、今回は4月の下村さんに刺激を受けたのかはじけ度が半端じゃなかったー
メイクも4月はブルーのラメがキラキラでしたが、今回はラインの方がしっかり入れてあり目の動きがよく分かりましたよ
表情もとても豊かになっていてクスクスって笑えたし。。
歌もメリハリがついていてグイグイ引っぱられる、良い声だー
それにあの衣装、本当に似合うな
横のスリットから見える光ってるタイツ?ストッキングじゃないよね? やはりタイツ?
北やんヘロデが登場すると、場面を考えるよりももう目が釘付けになっちゃってもうたまりませんわ


村さんのピラトは聞けば聞くほどすごくなって迫って来ます
今回観劇の前にもう一度四季HPの村さんのインタビューをもう一度読み直してみました → 「こちらです」
読み直して改めて舞台を見て村さんの歌を聞いたら、今まで見えなかった表情とか歌の内容とかがバンバン飛んで来るんですよ
歌詞が頭の中をただ通り過ぎるのではなくて、いくつものろ過装置を通って来る感じ
自分が理解しないと通らせてもらえないの
この前は何を見て何を聞いていたんだろうって思わされた村ピラトだったのです
それにしてもあの歌の難しさは本当にすごいです


ワタシはピラトとヘロデ王に力を入れて見てるので、他の所はちょっとばかり引いた目でみてるのかもしれません(笑)
全部に力が入っていたら疲れて体がもちませんしね

素晴らしい舞台を今回もありがとうございました
来週もう一度行かせてもらいます

 



comments(0)|trackback(0)|観劇|2011-07-08_22:35|page top

汐留のにゃんこ


comments(0)|trackback(0)|未分類|2011-07-06_17:54|page top

言って良い事と悪い事を考える

ワタシのように社会の端っこで生きてる人間にだって「言って良い事と悪い事を考える」ことは毎日です

ワタシのような狭い世界で生きてる人間だって考えているのに、庶民の代表となってる人がどうして平気であんな事を言ってしまうんだろう?

それも何人も何人も

普通、一人が失脚したら自分は注意をしようと思うだろう

少なくともワタシならそう思う

大臣というなかなか就けない役職に就き、たくさんの給料(報酬)を得ているのに、やってる事は庶民よりも下

いったいあの人たちはどうなっているんだろう?

本当に日本は復興できるのか?

あんな人を見てるとどんどん心配が募るばかりです







comments(2)|trackback(0)|日々の事|2011-07-05_22:50|page top

今週もこんにちは♪ キャストチェック

四季のHPがメンテナンス中ですが、キャッツだけは分かるので今はキャッツだけアップします

土曜日にアルプが届き、ユタのところを読んでビックリ
「5月29日、日本中を驚かせ唸らせたニュースが新聞やネット上を駆け巡りました。劇団四季が7月下旬から8月にかけて東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県釜石市、宮城県南三陸町、福島県南相馬市など東北地方の3県11都市で「ユタと不思議な仲間たち」を上演し、小中学生とその保護者の方々を無料招待すると発表したのです」

被災にあった方々を招待するのは本当に素晴らしい事だと思います
ただ、このニュースは日本中を驚かしてないし唸らせてもないと思います
この文章は大袈裟すぎるでしょう

石原軍団が全員で炊き出しに行ったり、小林幸子さんがツアーのトラックでお米を持って行ったり、たくさんの芸能人やスポーツ選手が被災した現地に行っています
でも、その方々みなさん「私たちはこんなすごいことをしてるんですよー」なんて言ってません
力になれることがあるから力になる
ワタシたちの募金だって「募金しますよ、募金!」なんて思ってする人は少なく、いやいなくて、力になりたいからするんだと思います

どうして四季はこんなに偉そうに書くんでしょう
普通に『「ユタと不思議な仲間たち」に7月から8月にかけて被災地の皆さんを招待します』と書いてくれれば、四季も良い事やるじゃん!って思えたのに…

やはり四季の上層部はどこかずれてると思います
それに気がつかない、気がついても言えない
もっと謙虚に客と向かい合って欲しい










キャッツ    7月6日(水)~7月10日(日)


タントミール:原田真由子 → 滝沢由佳
カッサンドラ:井藤湊香、蒼井 蘭 → 井藤湊香
ラム・タム・タガー :李 涛 → 田邊真也
スキンブルシャンクス:劉 昌明 → 岸 佳宏
コリコパット:新庄真一 → 横井 漱
ギルバート:龍澤虎太郎 → 新庄真一



オペラ座の怪人   7月5日(火)~7月10日(日)


交代なし






今週は新しく始まったアンデルセンと、新しく始まるJCSに行って来ます
アンデルセンはアンサンブルに新人さんが多いようですね、どうでしょう?

JCSは村さんと北やんの歌が本当に楽しみ
他の方とはちょっと楽しみ方が違うけれど許してね~


みなさまも楽しい観劇を~




comments(0)|trackback(0)|キャストチェック|2011-07-04_11:45|page top

7/1 キャッツ観劇

5/13に李涛タガーを初めて見て、その時はギルが新庄くんだったので、「次回、スキンブルナンバーの虎ギルとの絡みが楽しみだわ~」と書いた事を思い出しました
今回それを見る事が出来て、楽しかった事は楽しかったんですが。。。。。


ちょっと、虎くん
お腹周りが太くなってるんですけど。。。
ワタシはもう何年も范虎のファンで、ファンっと言っても「悪い時は悪い」って言うファンだから言っちゃうよ
どうしたのよ、全然踊れてないし
体は柔らかいから足を上げれば踊れてる様には見えるのかもしれない
でもさ、キレがないよね

ワタシがずっと気にしている(ファンになった2007年ごろから)「ジェリクル舞踏会」でミスト・ギル・カーバ並んでの2回転
横浜では悪い時でも1.3回転ぐらいは廻れていて着地してから0.7廻っていて合計で2回転になっていたのに、今回は1回転だけ
五反田の時には1回転の時もあった
でも、最近は1.3になっていただけにショックだった

隊長も側宙ナシだったし

どこか体調が悪いのかな?
どうしても人手が足りないから体調が良くないけれど舞台にたってるのかな?
本人のテンションも低いし、ダンスもイマイチだし、虎ギルを楽しみに行ったのに残念でした
次回に期待は出来るのだろうか???


そんなくら~いワタシの気持ちをクスッと笑わしてくれたのは丹下カーバでした
カーバと言えば今までは「縁の下の力持ち」的な感じで、いつも一歩下がっているネコだと思っていたのに、丹下さんは持ち前の明るさおもしろさで客を笑わしていました
ネコに見えるか?と言えば「丹下さん」にしか見えなかったけれど、そんなことはどうでも良いくらいにおもしろかったです

二幕の最初に上手側から登場して70番台前で少し止まりますが、丹下カーバはゴミをチョイチョイして匂いを嗅いだり、舐めたり、最前列の人を見て首を傾げたり、反対側に首を傾げたりと忙しそうです(笑)
その顔がとても可愛らしくおもしろく、いかにも客を笑わしてる感じで、客もクスクスって言うよりも声を出して笑っちゃっていました

スキンブルナンバーでも腹ばいになって歌う時にもうすっごい笑顔なの
あれもわざとの笑顔だね、ちょっと変顔もあったもん
でも、本当に客を楽しませようとしてるのが分かるからイヤじゃないの
横から見ていたワタシも笑ったよ
70番台のお客さんは得したな~と思う
あんな楽しいカーバなんていないもの
スキンブルをリストする時は気合従充分で、ずっと頑張ってるいるんだな~と思いました

永野さんはもう惚れ惚れするくらいのダンス、別格
上には上がいるんだなって思う
同じ舞台に立ってる四季のダンサーさんたちは見習いなさいよと思う人もいました
四季ではOKなのかもしれないけれど、外にはもっともっとすごいダンサーがいることを知って欲しいです

早水さんと種井さんの歌が聞けて、永野さんのダンスもあったというのに、客が全然入っていません
回転席とC席だけ~
センター10列くらいに客が30に人くらいまとまっていて、どうしてこんな所に?と思ったら中国の団体さんでした
あー、ホントひどいです
五反田もひどかったけれど、この日は今までの中で一番ひどかったかも
(五反田で急に団体キヤンセルになったようでJGーLに誰もいない時を思い出しちゃった~)
もうこの先そんなに長くはないと思うけれど、最期までシッカリ演じて下さいね

もう千秋楽を考えてしまうくらいの客の入りのひどさでした



comments(0)|trackback(0)|キャッツ観劇|2011-07-03_15:05|page top

お客さま


コガネメキシコのあーちゃん。
comments(0)|trackback(0)|未分類|2011-07-02_14:48|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。